プロおすすめの動画編集ソフト9つとソフトを比較した時の最適な選び方

movie-editer

動画編集がどんどん身近になり、最近ますます増える『動画』の需要ですが、それと共に便利になって行くのは動画編集ソフト動画編集アプリの存在です。

結婚式のムービーを自分たちで作れるようになったり、インスタグラムやTwitter、vineなどに投稿する機会も大分増えてきたと様に思います。ほんの5年前ほど前、プロも使う動画編集ソフトと言えば、Windowsユーザーなら「アビット/Avid」、Macユーザーなら「ファイナルカット7/Finalcut7」が主流と言われており、一般のユーザーが手を出すには少々値の張るソフトでした。(確か5万円〜10万円ほど)

それが今では動画編集の知識が浅いユーザーでも、直感で操作出来る「ファイナルカットプロX」や「Windowsムービーメーカー」などが登場し、気軽に動画の編集が出来る時代に突入しました。

スマートフォンのアプリでいえば「iMovie」や「Vine」が代表的ですが、「Film Srory」「Cute CUT」「Sweet Movies」など、ちょっと凝った動画も手軽に撮影・編集できるアプリもありますね。

今回は、『動画編集ソフトでここまで出来る!』ということを知ってもらうと、個人的に試しているものなどを含めて、いくつか無料の動画編集ソフトをご紹介します。

 

プロおすすめ動画編集ソフトが
期間限定の特別セール実施中!

動画編集ソフトはどれも良さそうだと思っていても、実際自分の手を動かす場合はなかなか上手く行かないものです。また、それぞれの動画編集ソフトには出来る事と出来ない事があり、結局いくつかの編集ソフトを利用する事になるでしょう。その時、「SONYのVegasシリーズ」なら、動画編集から動画の変換、DVDやブルーレイへの書き込み、音楽制作ソフトまで一度に手にする事が出来ます。

19.8万円の編集ソフトが3,5800円

 

 

目次

動画編集が捗る|おすすめの動画編集ソフトを比較した時の厳選9つ!

動画編集ソフトのランキングとか、やたら動画編集ソフトの数を紹介しているサイトもありますが、正直多すぎてよく分からないと思いますので、これさえあれば!という厳選した動画編集ソフトをご紹介していこうと思います!

が、まずは世の中にどんな動画編集ソフトがあるのかを簡単に見ていきましょう。

VegasProシリーズ
価格11000円~
使い易さ
動作の軽さ
対応OSWin
エフェクト機能
さすがVegasでおなじみのハイクオリティソフト。エフェクト機能のレベルの高さが半端じゃ無い。さすがはプロ仕様と言ったところ。スクウェア・エニックスのクリエイターも使っている事で有名。
▶︎ Vegasの詳細はこちら
VegasPro13 Suite
VegasPro13 EDIT
価格8980円〜(86%OFF)
VegasProシリーズの中の決定版。映像編集/サウンド編集/オーサリングに加えて、4Kの編集にも対応してるため、かゆいところにも手が届く優れもの。
▶︎ Vegas14を含む動画編集ソフト全部入りパックはこちら
Movie Studio13
Movie Studio13 Platinum
価格6500円~
使い易さ
動作の軽さ
対応OSWin/Mac
エフェクト機能
業務用ソフトと同じエンジンを搭載し、リアルタイム編集ができるため初心者にもおすすめ。音楽制作にも使えてエフェクトの性能は高い。▶︎公式HPはこちら
VideoStudio UltimateX9.5
価格15991円
使い易さ
動作の軽さ
対応OSWin
エフェクト機能
サイバーリンク社から新発売された動画編集ソフト。ビデオの取り込みや調整、多彩な編集機能はそのままに、ビデオ編集が誰にでもできるよう基本機能をしっかり搭載したおすすめソフト。
▶︎その他の動画編集ソフトはこちら
【NEW】Director Suite 5
価格26980円
使い易さ
動作の軽さ
対応OSWin/Mac
エフェクト機能
コストパフォーマンスで選ぶなら最高レベルのひとつ。機能的にも申し分なく、目立った欠点のない優れもの。
▶︎公式ホームページ
PowerDirector 15
価格7900円
使い易さ
動作の軽さ
対応OSWin/Mac
エフェクト機能
なかなかおすすめ。コストパフォーマンスで選ぶなら最高レベルのひとつ。最近サイバーリンク社から発売された360度カメラの編集もできる新製品でもあります。
▶︎商品の詳細はこちらから。
EDIUS Pro
価格45000円~
使い易さ
動作の軽さ
対応OSWin
エフェクト機能
主要放送局などで実際に使われている編集ソフト。増え続ける要望に全て応える為に作られた魂の一品。
Final Cut Pro X
価格35000円~
使い易さ
動作の軽さ
対応OSMac
エフェクト機能
Macユーザーの最高峰編集ソフト。少々値は張るが、持っておけば絶対に損はしない。
VirtualDubMod
価格無料
使い易さ
動作の軽さ
対応OSWin
エフェクト機能
基本英語。日本語化パッチもあるが、あえて利用するほどのものでもないかも。
iMovie
価格無料
使い易さ
動作の軽さ
対応OSMac
エフェクト機能
Macユーザーなら絶対におすすめの編集ソフトの一つ。スライドから結婚式ムービーまで。
VideoPad
価格12000円
使い易さ
動作の軽さ
対応OSWin/Mac
エフェクト機能
Winメーカーのちょっと上位版と言ったところ。より細かい演出をしたい場合はこちらかと。
Premiere Pro CC
価格2180円/月
使い易さ
動作の軽さ
対応OSWin/Mac
エフェクト機能
天下のアドビ。サポート体制と、利用している人が多いのでやり方を探しやすい。大塚商会のたよれーる経由なら法人枠がかなりお安くなる。
Premiere Elements
価格9800円
使い易さ×
動作の軽さ
対応OSWin/Mac
エフェクト機能
Premiereの上位版、動画を画像と同じ感覚で色彩編集などもできる為、凝った演出をしたい場合は重宝したい。こちらも大塚商会経由だと割安に。
VideoStudio Pro
価格12000円
使い易さ
動作の軽さ
対応OSWin
エフェクト機能
特筆すべきものは無いが、フィルターの性能が高い為、ワンクリックで望む感じが出やすい。その他の商品はこちら

 

動画編集ソフトを比較して最適な編集ソフトを選ぶ為の5つのポイント

2016.08.19

主要なものは上記のソフトになりますが、この中でも厳選したものが、下記の動画編集ソフトになります。

 

1:初心者や初めて動画編集ソフトを使うならおすすめ|VideoStudio

videostudio-pro-lt

これから動画編集ソフトを使って、動画の編集作業をやろうと思っている方なら、ぜひVideoStudioをおすすめします。直感的にしようできるため、初心者にも使いやすいという点では、これの右に出るソフトはそうそうありません。

対応しているOSはWindows 10、Windows 8、Windows 7、64 ビット OSが推奨されています。つまりWinのみの対応なため、Macでは使えませんが、トランザクションの豊富さと、モーショントラッキングが利用でき、ビデオ内の最大 4 か所まで追跡できるようになっているため、動きの激しい映像でも簡単に編集することができます。

ビデオに動くテキストやグラフィックスを挿入したり、はっきりと映したくない人物の顔やロゴ、ナンバープレートなどにモザイクを適用できます。

VideoStudio価格使いやすさ動作の軽さ対応OS
21384円
15991円
Win
 エフェクト機能利用用途・補足   
 ●サイバーリンク社から新発売された動画編集ソフト。ビデオの取り込みや調整、多彩な編集機能はそのままに、ビデオ編集が誰にでもできるよう基本機能をしっかり搭載したおすすめソフト。
▶︎その他の動画編集ソフトはこちら

2:ウィンドウズ対応でコストパフォーマンスの優れもの|Movie Studio

pc_sny_001145_dl

プロ御用達の動画編集ソフトである「Movie Studio」は、もともと前身だった「Vegas」シリーズのエンジンを搭載しており、より幅広いユーザーに使いやすくなるように改良した動画編集ソフトになります。タッチ操作で快適編集し、ビデオトラックとオーディオトラックをそれぞれ最大10本まで追加可能というモンスターソフトです。

YouTubeやFacebookへ直接アップロードすることもできますし、プレビュー再生をしながら、リアルタイムにほとんどの編集作業を行えます。エフェクトの数も300種類以上、トランジションは200種類以上、オーディオエフェクトも10種類以上あるため、基本的なものは全て詰まっていると言っても過言ではありません。

 

  1. Movie Studio13
  2. Movie Studio 13 Suite
  3. Movie Studio 13 Platinum
価格使い易さ動作の軽さ対応OS
6500円~Win/Mac
エフェクト機能利用用途・補足
業務用ソフトと同じエンジンを搭載し、リアルタイム編集ができるため初心者にもおすすめ。音楽制作にも使えエフェクトの性能は高い。公式ページはこちら

 

3:動画編集ソフトはこれがあれば何もいらない/AviUtl

数ある動画編集ソフトの中、無料なのにここまで高性能な動画編集ソフトはなかなかありません。基本的にはAVIファイルに色々なフィルタをかける事が出来るツールです。

簡単な動画編集や各種「codec」を使って動画を圧縮しながら出力することも出来ます。つまり容量を軽くできるということですね。さらに驚くべき事は、どこかの一般人が作ったフリーソフトだと言う事にも着目したいソフトです。

ただ、残念ながら対応OSはWindowsだけなんですよね・・・

AviUtlで出来ること

  • テキスト / 画像 / 図形 / 動画等の合成
  • モザイク / 発光 / 振動 / ラスター / 色ずれ / シーンチェンジ等のフィルタ
  • 雨、砂嵐、などの効果挿入がワンクリック
  • 不要な場面のカット、動画と動画の連結
  • 動画の音声入れ替え
  • キャプション設定
  • サイズ変換
  • 動画容量の変更
  • 無劣化編集
  • 画像・動画の背景透過
  • ノイズ除去、シャープ、ぼかし等の各種効果入れ
  • 文字のエフェクト、モーション入れ・テロップ
  • ビジュアライザー風のエフェクト など

つまり、ほとんどやりたい事は全部出来るといっても過言ではないでしょう!

こちらがAviUtlで制作した動画です。

AviUtlで作った動画

すべてAviUtlのみで制作された動画です。コアなファンが多い動画編集ソフトなので、こんなコミュニティも存在します。


【AviUtl愛好会】http://com.nicovideo.jp/community/co556462


【AviUtl講座:第1回〜第7回


操作で分からない事があっても大抵の操作方法は網羅してますが、動画編集の経験が多少ないと難しいので、これから初めて利用しますというような初心者さんには、多少ハードルが高いかもしれません。
ダウンロードはこちらから

 

4:フリーの動画編集ソフトなのに使いやすさ120点/VideoPad

こちらはMacとWindows対応の動画編集ソフトです。こっちは比較的初心者でも簡単に扱える代物なのに、フリーソフトとは思えない使いやすさが評判の動画編集ソフト。もし有償版を使う機会があれば是非試してほしいとはおもいますが、無料でも不自由なく使えるとはおもいます。

Windowsムービーメーカーと違い、操作性のしやすさがポイントなので、Windowsで始めて動画編集をしようと思った場合、まずはVideoPadを利用することを強くおススメします。

VideoPadで出来ること

  • テキスト / 画像 / 図形 / 動画等の合成
  • モザイク / 発光等の数種類のフィルタ
  • 不要な場面のカット、動画と動画の連結
  • 動画の音声入れ替え
  • テロップ挿入・編集・テキストフォント変更
  • BGM挿入・音量カット編集

ダウンロードサイト

 

5:14種以上の動画フォーマット変換を完全網羅した動画編集ソフト/Avidemux

基本的な編集操作は『VideoPad』とほぼ同等ですが、AVI / MPG(MPEG-1 / 2 / TS )/ VOB / ASF、mp4、movなど、その他14種以上の動画フォーマットに変換できる優れものです。最近はやりの背景が全部動画のwebサイトなどを作りた場合は「webm」というフォーマットに変換することが推奨されていますので、こういった場合でも対応できるのが嬉しい機能です!

Avidemuxで出来ること

  • 動画の無劣化編集
  • フォーマット変換「mp3、AVI、mpeg(MPEG-1 / 2 / TS )、VOB、ASF、movなど」
  • テレビ番組のCMカット
  • 単純な編集作業に最適
  • アップスケーリング
  • クロップ
  • 動画容量の軽減
  • インターレース解除
  • ノイズ低減などのフィルタをかけ
  • エンコードも可能

動画を編集した後、DVDに焼いたり、規定のフォトフレームに入れようと思ったときに、特定のフォーマットにしか対応していない場合が多々あります。

私も動画を作る際は、10種以上の動画フォーマットに変換・対応出来るようにしています。

ダウンロードサイト
日本語化パッチ

 

6:スクエア・エニックスのデザイナー御用達の映像ソフト|Vegas

vegas

スクウェア・エニックスと言えば、「ファイナルファンタジー」や「ドラゴンクエスト」など数々の名作世の中に送り出したことで知られる最も有名なゲーム開発会社ですが、そんなスクウェア・エニックスのサウンドデザイナー、祖堅正慶さんは長年SONY製品の愛用者として一部では知られており、この「Vegas」シリーズはクリエイティブを支える重要な役割を担っているそうです。

プロ中のプロ御用達の映像ソフトと言う事で、さぞかし利用は難しいと思われるかもしれませんが、そこはソニーのホスピタリティ笑。60分で分かる使い方ガイドを用意しているため、操作に迷う事も少ないでしょう!

VegasPro価格使い易さ動作の軽さ対応OS
11000円~Win
エフェクト機能利用用途・補足
エフェクト機能のレベルの高さが半端じゃ無い。スクエア・エニックスのデザイナーも使うさすがはプロ仕様と言ったところ。
  1. VegasPro13 Suite
  2. VegasPro13 EDIT
価格利用用途・補足
 142800円
8980円〜(86%OFF)
VegasProシリーズの中の決定版。映像編集/サウンド編集/オーサリングに加えて、4Kの編集にも対応してるため、かゆいところにも手が届く優れもの。
詳細ページ
  1. Vegas詳細ページはこちら
  2. スクエア・エニックススペシャルインタビューはこちら
    Vegasを含む全部入りパックの動画編集ソフトはこちら

 

7:iphoneアプリでも使える動画編集ソフトの決定版/iMovie

Mac用の動画編集ソフトで最も有名な動画編集ソフトといえます。最近のMacPCには標準インストールされており、これも直感とドラッグ&ドロップで操作出来る無料の映像編集ツールですね。

主な特徴としては豊富なエフェクトが用意されている点ですね。20種類以上のシーン切り替え用のエフェクトが、ボタン一つでオシャレなシーン切り替えを挿入できて、様々なテロップを載せられるのが魅力です。

Macユーザー専用という事を除けばこれといった欠点もなく、トータル的に高性能な動画編集ソフトと言えます。

iMovieで出来る事

  • シーン切り替えがボタン一つで美しくできる
  • トランザクションの挿入が楽チン
  • テーマが揃っていてキレイに作れる
  • 画像の編集・合成
  • テロップ挿入・吹き出し・モーション追加
  • BGM挿入・音量調節・音響カット
  • 再生速度の調節「0.5倍」「2倍」「4倍」など
  • スローモーション・逆再生も容易

 

ダウンロードサイト

 

8:ハイコストパフォーマンス動画編集ソフト|PowerDirector

powerdirecter

サイバーリンク社の最高傑作。洗練されたデザインとスムーズな制作プロセスを兼ね揃えたビデオ編集ソフトです。最新の技術を使って音声を視覚化して特定部分の修復や、エフェクトをかけることができ、マルチトラックの録音も可能です。

目的に合わせて数種類の動画編集ソフトを用意しており、かゆいところに手の届くソフトと言って良いでしょう。また、360度の動画編集作業も可能なため、ダイナミックな編集が可能!

サイバーリンクの360度動画編集ソフト|PowerDirector15が新発売

2016.09.25
PowerDirector価格使い易さ動作の軽さ対応OS
6500円~Win/Mac
シリーズソフト
  1. ActionDerecter
    1. アクションカメラで撮影したビデオをつかってショートムービーを制作する PC 用ソフトウェア。
  2. DirectorSuite
    1. 世界で数々の賞を受賞した PowerDirector シリーズがセットになったソフト。

 

9:プロも愛用!利用数最多の動画編集ソフト/ファイナルカットプロX

finalcut

Macユーザー専用の動画編集ソフトなら、これ以外使う必要がないと言ってもいいほど優秀な動画編集ソフトの「神」と言っても良いでしょう。こちらは有料ですが、30日間の無料トライアル期間が用意されていますので、どんなものかと触ってみるだけでも価値のある動画編集ソフトです。

iMovieの上位ソフトとも言える編集ソフトで、インターフェースや機能はほとんど一緒ですが、エフェクトの数やシーン切り替えといった効果の種類の豊富さは『iMovie』を遥かに凌いでいます。

ファイナルカットプロX単体でもかなりの高機能を備えていますが、『Motion5』というモーショングラフィックソフトと組み合わせる事で、こんな動画を作る事も出来ます。

※これは別のソフトを使いましたが、同等の事は出来ます。
ちなみに、ブレンダーという編集ソフトです。「ダウンロードサイト

ファイナルカットプロXで出来る事

  • ドラッグ&ドロップで編集完了
  • すべてのクリップが一緒に移動・編集できる
  • 動画のカットは自由自在
  • 動画のつなぎ目がキレイにできる
  • 0.01秒単位のズレを修正
  • 映像エフェクトの豊富な変更
  • 3Dタイトルが作れる
  • カラー・グラデーションが自由自在
  • 人の顔も自動補正してくれる
  • 4K以上のメージサイズに対応
  • 書き出しがハイスピード
  • REDCODE RAW、Sony XAVC、AVCHD、H.264、AVC-Ultraなどのプロ仕様フォーマットをサポート
  • MXFファイルのネイティブでの読み込み、編集、納品
  • MP3、AAC、AIFF、SDII、WAVなどのオーディオフォーマット対応

ぜひ活用してみてください!

ダウンロードサイト

 

動画編集ソフトの使いやすさを比較|目的別で使う動画編集ソフトの選び方

多くを紹介するよりも、厳選した動画編集ソフトをご紹介してきましたが、もしテレビ曲などで働くとなった場合でもない限り、動画編集ソフトを使うならこれまでの5つで十分かと思います。

さて、いろいろ出来ることを紹介してきましたが、結局何を使えばいいのかという疑問もあるかと思いますので、少し用途別で比較していこうと思います。

とにかく無料が良いという「価格」で選ぶ場合

今回ご紹介したのはみな基本的には無料のものですので、「AviUtl」「VideoPad」「Avidemux」「iMovie」「ファイナルカットプロX」のどれを選んでも良いでしょう。有料のものは追加機能が多くなってしまいますし、よほど凝ったものを作りたいと思わない限り、必要ないと思います。

ちなみに、有料の動画編集ソフトだと少々値は張りますが「ファイナルカット7」か、「Apple Final Cut Studio HD」がかなりおすすめですね。

初心者でも使える「編集のしやすさ」で選ぶ場合

これはもう「VideoPad」「iMovie」「Movie Studio」の3択ですね。ウィンドウズユーザーなら、今回は紹介していませんが「Windows ムービーメーカー」を使うのも良いかと思います。

ただ、Windowsメーカーは使っていればわかるんですが・・・なんかダサいんですよね(苦笑)シーン切り替えのエフェクトだったり、細かい音源のつなぎ目がうまくいかなかったりと、職人気質の方には向かないと思います。

だったら、最初から「ある程度洗練された動画編集が出来る」「VideoPad」「iMovie」を選んでいただくことをおすすめしますね。

結婚式のムービーなどでちょっとキレイな動画を作りたい場合

結婚式や何かしらのイベントで利用する動画の場合、一生の思い出になりますのでやはりキレイに作りたいという要望と想いが強いと思いますので、そう言った場合は「ファイナルカットプロX」を推したいですね。

正直、初めて動画編集に関わるという場合でもおすすめはしていますが、「VideoPad」「iMovie」に比べると多少触って慣れていただく必要があります。

まあでも、気合(?)でなんとかなる部分も多いので、毎日少しづつ編集作業をしているうちに、だんだんと面白くなってくることは保障します!

幸い、この手の書籍も充実していますので、、下記のようなものを参考にしていただくと比較的スムーズに動画編集を行うことができると思います。

自分でPVやMVを作りたいというチャレンジ精神がある場合

これは「AviUtl」がぶっちぎりでしょう。冒頭、どんな動画が作れるかでもご紹介してきましたが、自分でエフェクトを作って、文字の加工やらなんやらの加工をしたいなら間違い無く「AviUtl」以外考えられません。

こいつには拡張性も備わっており、多種多様なプラグインを追加出来たりします。「ファイナルカットプロX」にもモーション5という兄弟編集ソフトがあり、似たようなことはできますが、「AviUtl」の編集力には遠くお及びません。

ただ!激しく使い方が難しい

かなり前なのですが、友人から「iTunesみたいなビジュアライザを作ってくれ」と言われたことがあり、「AviUtl」さんと格闘したことがありましたが、そもそもいままで使ったことがなかったので、操作を覚えるところから始まり、なんとか見せられる形になるまで約3ヶ月かかりました

こんなのでさえちょっともうやりたくないですね(苦笑

ですので、時間と情熱のある方のみ、是非ともチャレンジして頂ければと思います。

AviUtlの参考資料

 

動画編集ソフト選びに迷った場合は無料体験版がおすすめです!

動画編集ソフトはどれも良さそうだと思っていても、実際自分の手を動かす場合はなかなか上手く行かないものです。また、それぞれの動画編集ソフトには出来る事と出来ない事があり、結局いくつかの編集ソフトを利用する事になるでしょう。その時、「PowerDirector」であれば動画編集から動画の変換、DVDやブルーレイへの書き込み作業を一元化でき、いくつもソフトを揃える手間がなくなります。

 

Web上で動画編集が出来る動画素材・映像素材サイト(おまけ)

おまけ的なものではありますが、最後にWeb上で動画編集が可能なサービスを提供している動画編集サイトをご紹介しようと思います。動画編集サイトに比べれば出来る事は限られてはいますが、さくっと出来るお手頃感は重宝する場面もあると思います!

3ステップでプロ並みの動画広告が作れるサービス|CocoMovie

  1. 用意されたテンプレートを選択する
  2. 演出にあった素材とキャッチコピーの挿入
  3. その場で作成される動画をカクニン!

この3ステップで誰でもカンタンに動画を作成編集することが出来るWebサービスです。基本料は無料ですが、用意されたテンプレートがかなり豊富で、納得のいく動画広告ができるまで、何度でも作成することが可能になっています。
テンプレートのサンプル

現在、動画購入費用無料キャンペーン中(終了日未定)

CocoMovieで作成した動画は、1本5,000円から購入できるようですが、現在は試用期間中ということで、すべての機能が無料で利用できます。
→公式サイトはこちら

意外と知られていないYoutube備え付けの動画編集機能|Youtube動画エディター

YouTubeって、実は動画を見たり投稿するだけのサイトではなく、自分で動画編集をする事もできる機能があるんです。使っている人ってあんまりいないんじゃないでしょうか・・・と言うより存在を知っている人がそもそも少ない野ではないかと思います。

使い方は至ってシンプルで、Googleのアカウントでログインし、動画や音声データをドラッグ&ドロップしていくだけでめちゃくちゃカンタンに動画編集をする事が出来ます。

  • Youtube動画エディターで出来る事
  • 手ぶれ補正やエフェクトの追加
  • 特殊効果の追加
  • クリエイティブ・コモンズの動画素材の利用
  • YouTube上からBGMの追加 など

基本的な操作環境は揃っていますので、カンタンなスライドショーを作りたい場合はこれでも良いかも知れませんね。
→YouTube動画エディターはこちら

ニュース番組から切り出した5000本の素材が使える|NHKクリエイティブライブラリー

NHKのプロのカメラマンが撮影した映像を無料で使うことができ、編集はすべてオンラインで完結できる優れもの。使いたいカットを選び、音楽や効果音をつけたり、文字やスタンプを乗せたりすることもできます。
NHKクリエイティブライブラリー

動画素材・映像素材ならココ!無料のおすすめ映像素材サイト17選

2015.12.17

 

まとめ

動画の需要が高まるにつれて面白いなあ〜と思うのは、動画編集のニーズが増えると共に、今までプロしか使っていなかった技術が私たちのところにまで降りてくることですね。その分編集技術も一緒に高まって行くのは今回ご紹介した動画を見て頂ければ一目瞭然かと思います。

ちょっと前に話題となった『3Dプリンター』や『プロジェクションマッピング』なども、専門技術を必要とする業者やクリエイターが主に使用していたツールでしたが、テレビなどで話題になるとともに、なんと楽天市場で6万円ほどで購入出来る低価格まで下がって登場しました。(確かその前は30万円程度だったかと)

まあ、『プロジェクションマッピング』は正確に言えば少し違って、平面のスクリーンに写していた映像をあえて凹凸のある建造物に変えた事で、表現の幅を増やしたからこそ話題になったものなので、複数のプロジェクターと動画編集ソフトさえあれば、実は誰でも出来ます(笑)

イラスト編集や精密な計算をする技とセンスが必要ですが、技術自体は今回紹介した動画編集ソフトで作れますので、もし興味があれば挑戦してみては如何でしょうか???

ちなみに、自作プロジェクションマッピングの動画はこちらです。技術の進歩で、動画で表現出来る幅が広まると面白いですね。

 

動画編集ソフト選びに迷った場合は無料体験版がおすすめです!

動画編集ソフトはどれも良さそうだと思っていても、実際自分の手を動かす場合はなかなか上手く行かないものです。また、それぞれの動画編集ソフトには出来る事と出来ない事があり、結局いくつかの編集ソフトを利用する事になるでしょう。その時、「PowerDirector」であれば動画編集から動画の変換、DVDやブルーレイへの書き込み作業を一元化でき、いくつもソフトを揃える手間がなくなります。

VegasProシリーズ
価格11000円~
使い易さ
動作の軽さ
対応OSWin
エフェクト機能
さすがVegasでおなじみのハイクオリティソフト。エフェクト機能のレベルの高さが半端じゃ無い。さすがはプロ仕様と言ったところ。スクウェア・エニックスのクリエイターも使っている事で有名。
▶︎ Vegasの詳細はこちら
VegasPro13 Suite
VegasPro13 EDIT
価格8980円〜(86%OFF)
VegasProシリーズの中の決定版。映像編集/サウンド編集/オーサリングに加えて、4Kの編集にも対応してるため、かゆいところにも手が届く優れもの。
▶︎ Vegas14を含む動画編集ソフト全部入りパックはこちら
Movie Studio13
Movie Studio13 Platinum
価格6500円~
使い易さ
動作の軽さ
対応OSWin/Mac
エフェクト機能
業務用ソフトと同じエンジンを搭載し、リアルタイム編集ができるため初心者にもおすすめ。音楽制作にも使えてエフェクトの性能は高い。▶︎公式HPはこちら
VideoStudio UltimateX9.5
価格15991円
使い易さ
動作の軽さ
対応OSWin
エフェクト機能
サイバーリンク社から新発売された動画編集ソフト。ビデオの取り込みや調整、多彩な編集機能はそのままに、ビデオ編集が誰にでもできるよう基本機能をしっかり搭載したおすすめソフト。
▶︎その他の動画編集ソフトはこちら
【NEW】Director Suite 5
価格26980円
使い易さ
動作の軽さ
対応OSWin/Mac
エフェクト機能
コストパフォーマンスで選ぶなら最高レベルのひとつ。機能的にも申し分なく、目立った欠点のない優れもの。
▶︎公式ホームページ
PowerDirector 15
価格7900円
使い易さ
動作の軽さ
対応OSWin/Mac
エフェクト機能
なかなかおすすめ。コストパフォーマンスで選ぶなら最高レベルのひとつ。最近サイバーリンク社から発売された360度カメラの編集もできる新製品でもあります。
▶︎商品の詳細はこちらから。
EDIUS Pro
価格45000円~
使い易さ
動作の軽さ
対応OSWin
エフェクト機能
主要放送局などで実際に使われている編集ソフト。増え続ける要望に全て応える為に作られた魂の一品。
Final Cut Pro X
価格35000円~
使い易さ
動作の軽さ
対応OSMac
エフェクト機能
Macユーザーの最高峰編集ソフト。少々値は張るが、持っておけば絶対に損はしない。
VirtualDubMod
価格無料
使い易さ
動作の軽さ
対応OSWin
エフェクト機能
基本英語。日本語化パッチもあるが、あえて利用するほどのものでもないかも。
iMovie
価格無料
使い易さ
動作の軽さ
対応OSMac
エフェクト機能
Macユーザーなら絶対におすすめの編集ソフトの一つ。スライドから結婚式ムービーまで。
VideoPad
価格12000円
使い易さ
動作の軽さ
対応OSWin/Mac
エフェクト機能
Winメーカーのちょっと上位版と言ったところ。より細かい演出をしたい場合はこちらかと。
Premiere Pro CC
価格2180円/月
使い易さ
動作の軽さ
対応OSWin/Mac
エフェクト機能
天下のアドビ。サポート体制と、利用している人が多いのでやり方を探しやすい。大塚商会のたよれーる経由なら法人枠がかなりお安くなる。
Premiere Elements
価格9800円
使い易さ×
動作の軽さ
対応OSWin/Mac
エフェクト機能
Premiereの上位版、動画を画像と同じ感覚で色彩編集などもできる為、凝った演出をしたい場合は重宝したい。こちらも大塚商会経由だと割安に。
VideoStudio Pro
価格12000円
使い易さ
動作の軽さ
対応OSWin
エフェクト機能
特筆すべきものは無いが、フィルターの性能が高い為、ワンクリックで望む感じが出やすい。その他の商品はこちら

 

良ければこちらもどうぞ!

動画編集用のおすすめノートパソコン7選と動画編集パソコンの最適な選び方

2016.11.15

動画広告の効果|動画広告を使うメリットと活用事例5選

2016.05.17

動画変換が捗る!動画変換ソフトでおすすめなフリーソフト5選

2016.04.29

動画素材・映像素材ならココ!無料のおすすめ映像素材サイト17選

2015.12.17

movie-editer

初心者でもOK!プロ一押しの動画編集・変換ソフト

動画編集や動画の制作をする際、できるだけ操作がカンタンで、自分の思い描く理想のエフェクトや動きがつけられたりと、誰でもかっこいい動画が作れるソフトが欲しいと思います。そう言った希望をすべて叶えるためには、動画編集のプロが使うような編集技術を身につける必要がありますが、だれでもプロ並みの技術がカンタンに再現できる、動画編集ソフトの決定版をご紹介します。