PowerDirector15とは|360度動画が編集可能なサイバーリンク製編集ソフトの概要

WEREHOUSEで以前からご紹介していた、サイバーリンク社製のPowerDirectorシリーズという動画編集ソフトですが、2016年9月13日に新たなシリーズとして、PowerDirector15という動画編集ソフトが発売されましたね。

サイバーリンク社は家庭用のPCソフトの製造をしている会社で、デジタルマルチメディア分野での世界的なパイオニアとして一部では有名で、動画編集ソフトを使った事がある人なら、恐らく一度は名前を聞いた事はあるかと思います。

そのなかでもPowerDirectorシリーズはなかなかに使い勝手の良い動画編集ソフトで、素人から慣れた人まで幅広く利用していた背景がありますが、そんなPowerDirectorシリーズから今回15作目となるPowerDirector15が発売された訳です。

名称・グレード価格パッケージ内容
PowerDirector15 Ultra12,980動画編集ソフト+ 追加エフェクト搭載(600種以上)
PowerDirector15 Ultimate15,980動画編集ソフト + 追加エフェクト搭載(1200種以上)
PowerDirector15 Ultimate Suite20,980動画編集 + 音声編集 + 映像用色編集ソフト
PowerDirector15 Director Suite26,980動画 & 写真編集 + 音声編集 + 映像用色編集ソフト
PowerDirector 15【30日間の無料体験版】無料30 日間のお試し用
利用エフェクトの数:10 種類

 

サイバーリンク製|PowerDirector15で出来る事

もともと、PowerDirectorシリーズは快適な動作と高度な編集機能を兼ね備えたビデオ編集ソフトとして動画編集者の間でも人気ではありました。インターフェースも割と洗練されたデザインで初心者でも直感で操作しやすく、スムーズな動画制作プロセスを持っていましたが、そんな直観的に操作できるビデオ編集ソフトに、今回どんな機能が追加されたのか、カンタンにご紹介していきます。

縦向き動画の編集が可能になった

verticalこれは主にスマートフォンやタブレットで縦向きのに撮った動画の編集に最適化されたという事です。通常の横向き動画と同じようにテキストを入れたり、大きさの変更・カット編集が可能になり、スマートフォン画面にピッタリのサイズに収まるような調整が実現出来ました。また、YouTube や Facebook に直接動画をアップロードすることもできます。

 

360 度の動画編集|パノラマ動画編集が可能に!

これが今回の一番の新機能です。いち方向だけではなく、周囲全体の映像を撮影した 360 度、パノラマ撮影をした時の動画編集にも対応しました。360度全体を撮影したちょっと特殊な動画でも、通常の動画と同じ編集ツールやエフェクトを使用して割り当ることができます。

これ、実はありそうで案外無かった機能なんですが、例えばパノラマ動画の場合、テキストをそのまま入れ込むと真っ平らな平面テキストが流れる事になり、動画が動く度にやたら浮き上がってカッコ悪い映像になってしまいます。

それを動画の背景に合わせて湾曲する様な効果を付けられるため、ただのテキストでも違和感なくカッコいい効果やエフェクトを付ける事が可能になったという訳です。詳しくは下の動画をご覧頂くのが良いでしょう。

ビューデザイナー

360 度動画に付随する新機能ですが、これは、動画を動かして好みのアングルを選んでいくことで、360 度動画から 2D 動画を作成することが可能です。ちょっと分かりづらいですが、カンタンに解説すると、特定のアングルに映像として見せる為の視点を固定して、360度動画を再生させた時間の部分を新たな動画として切り出す事が出来ます。

実際にどんな動画が作れるのかと言うのは、解説動画をご覧下さいな。

ブレンドエフェクト機能

blending

これまでのマスク機能に加えて、既存のテンプレートとして用意されたエフェクトを重ね合わせることで、新たな背景エフェクト効果を追加することが出来るようになりました。重ね合わせの方法も複数用意されているようです。

 

 

動画の自動色補正|TrueTheater® Color

このカラーエンハンスメント機能を使うことで、動画自体の色彩をスライダーを動かすだけでカンタンに鮮やかさを変化させることが可能になりました。

tt

【プロも利用】動画編集ソフトのおすすめ9つと目的別で比較した動画編集ソフトの選び方

2017.05.04

動画編集ソフトを比較して最適な編集ソフトを選ぶ為の5つのポイント

2016.08.19

 

まとめ

新機能の主な紹介は以上になります。ますます便利になるPowerDirectorシリーズですが、様々な機能があるにも関わらず使い方は至ってシンプルなのが良い所ですので、機会があれば利用してみては如何でしょうか?

名称・グレード価格パッケージ内容
PowerDirector15 Ultra12,980動画編集ソフト+ 追加エフェクト搭載(600種以上)
PowerDirector15 Ultimate15,980動画編集ソフト + 追加エフェクト搭載(1200種以上)
PowerDirector15 Ultimate Suite20,980動画編集 + 音声編集 + 映像用色編集ソフト
PowerDirector15 Director Suite26,980動画 & 写真編集 + 音声編集 + 映像用色編集ソフト
PowerDirector 15【30日間の無料体験版】無料30 日間のお試し用
利用エフェクトの数:10 種類

初心者でもOK!プロ一押しの動画編集・変換ソフト

動画編集や動画の制作をする際、できるだけ操作がカンタンで、自分の思い描く理想のエフェクトや動きがつけられたりと、誰でもかっこいい動画が作れるソフトが欲しいと思います。そう言った希望をすべて叶えるためには、動画編集のプロが使うような編集技術を身につける必要がありますが、だれでもプロ並みの技術がカンタンに再現できる、動画編集ソフトの決定版をご紹介します。