PowerDirectorとは|Cyber​​Link(サーバーリンク)社製の動画編集ソフトを解説

最近のトレンドである360度ビデオや、H.265のような新しい高効率コーデック、魅力的な動画を作成する為のトランジション、エフェクト、タイトルの組み込みに役立つツールもCyber​​Link社が先駆けです。そんな素晴らしい高速かつパワフルな動画編集機能を揃えているのが、今回ご紹介するCyber​​Link社のPowerDirectorです。

VEGAS Pro
長所!
高速レンダリング。鮮やかなインターフェース。エフェクトの効果数。あらゆるビデオエディタに対応した360度ビデオ機能。マルチカム編集。3D・4K機能搭載。モーショントラッキング・スクリーンレコーディング
マイナス点
ソースパネルではトリミングできない。オプションの数が多いので画面を圧迫。360度プロジェクトはH.265に出力できない。
サポート
PowerDirectorは、Windows向けの最速かつ最強のコンシューマーレベルのビデオ編集アプリケーションの1つで、360度のVR映像までサポート。

ここ1〜2年で、アマチュアのビデオ編集環境はかなり様変わりしました。技術の進歩もめざましく、Cyber​​Link社製の家庭用動画編集ソフトは、いち早く新しいフォーマットのサポートをしたソフトのひとつですね。なんとスマートフォンで4Kコンテンツを撮影できるようになる前から、PowerDirectorはサポートを開始していたそうです。

「カラーエンハンスメント」機能を使って、スライダーを動かすだけで色の鮮やかさをお好みの色に変化させることができます。

 

NEW】PowerDirector16の追加性能

PowerDirectorを長年利用してきたユーザーのために、最新バージョンであるPowerDirector16の新機能をご紹介します。

  • 360度ビデオ編集機能を搭載
  • 安定性抜群、モーショントラッキング、タイトル、トランジションのエフェクト数増加
  • ビューデザイナーの刷新
  • カラーマッチング、LUT(ルックアップテーブル)フィルタ、分割トーニング、HDRエフェクトの追加
  • ピクチャー・イン・ピクチャー・テンプレート、コラージュ機能の追加
  • 自動オーディオダッキング機能の追加
    • 動画内の音声を検出し、BGM の音量を自動的に下げて、音声を聞き取りやすくします。

また、PowerDirectorはWindows7〜10で利用でき、64-bit OS 版を推奨しています。グラフィックスカードに関しては通常の2D動画が128MB以上の VRAM、360度動画を編集したい場合はDirectX11に対応しています。

PowerDirectorの価格は?

通常価格は11,680円〜14,380円ですが、PowerDirector16からの新機能である『透かし機能』や4Kサポートなどを利用してみたい場合でも、30日間の無料体験版が用意されているので、まずはそちらを試してみましょう。

料金プランは2つ

PowerDirectorには2つの料金プランが用意されており、動画編集ソフトのみの『Ultra:11,680円』、動画編集ソフトと追加エフェクトを搭載した『Ultemate:14,380円』をご利用いただけます。

オプション

ColorDirector、AudioDirector、PhotoDirectorがセットになったDirector Suiteもあります(16,900円)。各プランに含まれているものを正確に確認するには、Cyber​​Linkの比較ページを参照してください。

 

初心者でも使いやすい!PowerDirectorのインタフェースと機能

PowerDirectorには膨大な数のオプションを持つがありますが、インターフェイスは驚くほど明確でシンプルで、ビデオやオーディオの微調整のしやすは他の編集ソフトを圧倒します。

自動モードが充実

最初はタイムラインモード、ストーリーボードモード、スライドショーがある画面から始めますが、自動モードと360度エディタの使いやすさが半端ないです。

Cyber​​Link PowerDirector 14インターフェイス
起動した時に必要な場合は、[常にタイムラインモードにする]チェックボックスをオンにしてください。このような歓迎画面では、ビデオプロジェクトのアスペクト比(16:9,4:3)と9:16の高さ(9:16)を選択することもできます。

ビデオ編集作業も直感で使える

PowerDirectorの編集インターフェイスでは、従来のソースとプレビューの分割パネルが上部に表示され、トラックのタイムラインが画面下部の幅全体に沿って表示されます。

タイムラインビューに切り替えることなく、クリップ間のトランジションをドラッグしたり、エフェクトを適用したり、オーディオクリップを追加することができます。

一番上には、キャプチャ、編集、プロデュース、ディスク作成の4つのモードがあります。タイムラインは、トラックを追加するためのボタンを使ってカスタマイズしてナビゲートするのが簡単です。

ハインドモデルだと100までありますが、標準では20個に制限されていますので、使い込んでいくうちに必要とするシーンも多いでしょうから、興味があれば購入をおすすめします。

 

 

360度の映像作業

プロジェクトに360度のクリップを追加すると、PowerDirectorは、出力を360または2Dのどちらにするかを尋ねるダイアログボックスを表示します。

後者を選択すると、ビューデザイナウィンドウが開き、結果のムービーの視点を選択できます。このウィンドウのプレビューで、マウスポインタで3つの軸(x、y、z)で角度を動かすことができます。

PowerDirectorのビューデザイナー
上、下、左、右をクリックすると、矢印が視点を変更し、矢印コントロールの中央をクリックすると、ビューがまっすぐにスナップされます。ビューをズームすることができ、非常に便利です。

モーショントラッキング

このツールを使用すると、オブジェクトを追跡したり、タイトル、エフェクト、さらには別のメディアクリップを追加して、簡単な3ステップのプロセスを作成できます。

2Dとほぼ同じですが、選択ボックスの形状が3D空間内の位置を反映するように変わる点が異なります。追跡するオブジェクトをボックスに入れ、トラッカーを実行し、テキストまたはグラフィックを添付して追跡します。

360度フォーマットで出力する予定のプロジェクトでは、引き続き基本的なトリミング、分割、および結合の編集ツールを使用できますが、使用できないPowerDirectorの機能として、Magic Movie、ビデオクロッピング(考える) 、コンテンツ認識編集などがあります。

タイトルとトランジション

トランザクションを追加することで処理速度の低下などもあるものの、フライインアニメーションを含む11の360度タイトルオプションを提供しています。また、100以上の選択肢でフォントを変更し、ストロークやドロップシャドウなどのエフェクトを適用することもできます。

アクションカメラツール

PowerDirectorは、GoProやSony、Kodak、Ionなどの他のアクションカメラからもフッテージを読み込んで編集できます。しかし、クリップを選択すると、ツールメニュー項目の専用のアクションカメラセンターが表示されます。これは、魚眼レンズのディストーション、ビネット、手ぶれ、色のカメラプロファイルベースの補正などにの効果を発揮します。

PowerDirectorのアクションカメラ

コンテンツ認識とマルチカム編集

PowerDirectorは、人物、ズーム、パン、スピーチ、動き、不安定なビデオのクリップを分析できます。これにより、興味のある領域や退屈な領域を選択することができます。Premiere Elementsには、お気に入りの瞬間を手動で選択できるツールがありますが、PowerDirectorのように自動化されていません。

この機能はありがたいことに、マルチラインシーケンスをタイムラインに送信した後、デザイナーでマルチプルシーケンスを再び開くこともできます。。

ニアプロ映像編集

ピクチャインピクチャ(PiP)、オーバーレイ、モーション、トリミング、およびタイムコードを提供します。すべてのエフェクトと調整をキーフレームに固定することができます。検索ボックスを使用すると、ページカールのような特定のタイプを見つけることができます。

 

4Kと3Dコンテンツに対応

PowerDirectorは4Kビデオコンテンツをサポートします。このソフトウェアは、ソニーのカメラとビデオカメラで使用される4KおよびHDビデオのXAVC-S標準をサポートしています。これにより、Canon 1DC、JVC HMQ-10、GoPro Hero3 4Kコンテンツがサポートされます。

オーディオ

デフォルトでタイムラインのオーディオトラックには波形線が表示され、ボリュームをつかんでドラッグすることでボリュームを上下に切り替えることができます。シンプルなトラック・ボリューム・ミキサーであるAudio Roomは、クリップの音量を均等にするために各トラックに標準化ボタンを備えています。

まとめ

PowerDirectorはコンシューマ向けビデオ編集ソフトウェアの最先端と言っていいでしょう。機能数だけで言えば他の編集ソフトと実は大差はないのですが。。。苦笑

デジタルムービーの編集やレンダリングを処理する速度は、多くの競合製品と比べても大きなアドバンテージとなるはずです。

初心者でもOK!プロ一押しの動画編集・変換ソフト

動画編集や動画の制作をする際、できるだけ操作がカンタンで、自分の思い描く理想のエフェクトや動きがつけられたりと、誰でもかっこいい動画が作れるソフトが欲しいと思います。そう言った希望をすべて叶えるためには、動画編集のプロが使うような編集技術を身につける必要がありますが、だれでもプロ並みの技術がカンタンに再現できる、動画編集ソフトの決定版をご紹介します。