SEOライティングで検索上位を獲得するWEBライティングの書き方

seo

これならユーザーが絶対に満足するに違いない・そう言い切れるぐらい素晴らしいコンテンツを作ったのに、そのページの検索順位が全然上がらない、なかなか上位に表示されないというのはよくある話です。

SEOの事を勉強し、SEOライティングなるも本を読んでみても、Webライターやブロガーであれば、「せっかく記事を書いたのにPVが伸びない」というモチベーションの上がらない経験が少なからずあるのではないでしょうか?

残念ながらSEOを意識してどれだけ良いコンテンツを作っても、それが検索順位の向上に繋がらなければ、継続してアクセスが集まるようにはなりません。そして、検索エンジンから安定したアクセスが集まらなければ、当然コンバージョンにも繋がらない訳です。

そこで、検索順位を上げるため、SEOを意識したコンテンツを作っても検索上位に表示する為の、基本的なWEB用、SEOライティングについて考えてみたいと思います。

SEOライティング実践の教科書

 SEO対策の為にコンテンツを書くのであれば、その目的を忘れないようにしましょう。検索結果の上位を独占した結果、ユーザーや読者には行動(アクション)を起こして貰う事が真のコンテンツSEO、Webライティングの本当の目的です。下記で紹介する本には、その為に大切な事を解説しています。

本の名称内容
SEOに強いWebライティング売れる書き方の成功法則64伝わる文章、買わせる文章、上位表示のためのキーワード選定、コンテンツ戦略、SEOに強いオリジナルコンテンツの作り方など、すぐに真似して使える文章テクニックが満載。
SEO対策のための Webライティング実践講座 本書は、専門知識のない方でも常に成果を上げ続けられるように、「Webに最適」な「感覚に頼らない」方法を追求し、「提供する情報を持たない人」でもそれを「できる」ようにする「やり方」を提供する、非常に実践的な書籍です。
成果を出し続けるための 王道SEO対策 実践講座 最新の情報をふまえつつも「新しさ」や「話題性」にとらわれず、実際に効果が検証された方法を厳選。サイトの作成手順に沿った構成と改善に便利な逆引き機能が、理解を深め実現力を高めます。
Webライティング実践講座
ニュースリリースから商品説明まで
誰でも上手な文章が書ける 「型」 を提案。読むだけでライティングテクニックのコツが掴める。Web上ではさまざまなライティングのテクニックを解説。
コンテンツ・マーケティング64の法則ライティングは特別な人だけに必要な技術だと思っているとしたら、大間違いである。もしあなたがメール、ツイッター、フェイスブックに参加しているなら、すべてのコンテンツには書くことが求められている。
ウェブセールスセールスライティング習得ハンドブックWEBライティングを身に付けたいけど、なにからはじめたらいいかわからない。自分のビジネスでインターネットからの売上を上げたい。そんな人がインターネットで売るためのスキルを身につけるための本です。

 

 

 

SEOライティングとはなにか?

SEOライティングとはブログの記事やコンテンツを検索エンジンから見て読みとりやすくなるようにして、検索エンジンに正しくに認識してもらうための技術です。より上位の検索順位に表示させるためのテクニックではなく、あくまでも記事、コンテンツの価値を検索エンジンに評価してもらうためのものです。

SEOライティングを行わないと検索エンジンがそのコンテンツを適切に評価することができず、本来ならもっと評価されてもおかしくないはずのコンテンツが、適切な評価を受けていない状態になります。

ユーザーの知りたい情報に応える

インターネットで検索をする人は100%、何かしら興味やで知りたい情報を検索していると考えられます。美容に関す悩みや、恋愛の事、お金を稼ぐ事、パソコンの不具合を直す方法や、転職、売上げアップ、集客に関する情報などなど。

単純に、あなたが専門に扱っている事の関して、検索順位で上位に表示されるような記事が出せれば、多くの訪問者(=読者)が見込めるようになる訳です。

 

SEOライティングで最も重要なのはタイトルの決め方

検索順位の上位に表示させる為に重要なもの、まずは「タイトル」ですね。SEOを意識して書くコツは次の5つです。

タイトルには必ずSEOを意識したキーワードを入れる

キーワードを入れるなんて当たり前のことだと思うかもしれませんが、「魅力的なタイトル」を付けようと意識しすぎるあまり、肝心のSEOに引っ掛けたいキーワードがタイトルから抜けてしまっているケースも多いので要注意です。

1タイトル1テーマが基本

どんな記事や文書でも同じですが、テーマが複数あると「どういう目的で書かれたモノか」がハッキリしなくなるため、検索エンジンの評価も低くなってしまいます。1つの記事、メール、文章で伝えたいことは1つに絞り、それ以外のことはまた別の機会で伝えるようにしましょう。

タイトルは28文字以内がベスト

タイトルは28文字~32文字以内が理想的とされており、理由としては3つあります。

検索上位に表示されるタイトルは28文字までが多い

はてなブックマーク等の常連記事も、よく見るトップ100は高確率で28文字までのタイトルを付けています。

Googleが推奨していない

ページに極端に長いタイトルをつけることを、実はGoogleは嫌っています。この情報はなかなか知られていないので、是非抑えておきましょう。

スマートフォンでは32文字以上は表示されない事が多い

スマホの比率は最近無視出来ない傾向にあります。タイトルの文字数が32文字を超える場合、稀にタイトルが途切れてしまうことがあるので、28文字に納めた方が無難でしょう。

同じキーワードを繰り返さない

一つのタイトルの中で、同一のキーワードを何度も記述しないようにしましょう。文脈上の理由などで、同一のキーワードを使った方がまとまりが良い場合でも、繰り返しは2回までに抑えましょう。コンテンツの質をGoogleさんから疑われ、検索順位を引き下げる原因になります。

ヒットさせたいキーワードは前方におく

検索順位の上部へヒットさせたいキーワードは、タイトルの出来るだけ前方に位置するように記述します。検索結果の表示順位を決めるアルゴリズムの多くは、構成部品の中でより前方に位置する単語に重点を置いています。

つまり、主要キーワードは前方に位置するように記述することで、SEO対策に効果的に働き、検索順位を引き上げる結果となります。また、ユーザーに大しても目に付きやすい位置に主要なキーワードを置くことで、見た瞬間に内容の理解を助ける効果が期待できます。

 

SEOライティングにおける記事の見出し

見出しには文章構造、つまり配置の順番とルールがあります。たとえ似たような内容の記事であっても、この文章構造の違いで検索順位に大きな差がついてしまうので注意が必要です。以下は、見出し(hタグ)ついてです。

ページタイトルはh1を使う

記事のタイトル部分ですね。一般的なブログシステムを使っているなら特に意識する必要はありません。『タイトル欄』にそのまま入れれば自動的に<h1>タグで書き出してくれます。この<h1>を使うのは、原則的にこの1回のみです。

各見出しは<h2>付随する項目は<h3>

例えば・・・

コーヒーを100倍美味しく飲む方法<h1>

  • 1:『コーヒーとは?』<h2>
    • 1-1.『コーヒーの歴史』<h3>
    • 1-2.『コーヒーの現状』<h3>
  • 2:『最高のコーヒーを探して』<h2>
    • 2-1.『○○が重要だった』<h3>
    • 2-2.『不思議な効能』<h3>

この様に大きなくくりを<h2>、その補足的なものに<h3>を使いましょう。

不規則な並びにしない

気をつけて欲しいのは、【h1→h3→h2や、h3→h2→h1】この様に順番がバラバラになるのは止めましょう。検索エンジンがページの構成を読み取ってくれず、『このページには読む価値が無い』という判断をします。見た目は一緒でも、SEO対策上のページ構成が分かりづらくなってしまうため、検索エンジンが正確にページの内容を読み取れなくなり、検索順位の決定に悪影響を与えてしまいます。

 

ディスクリプションの設定

サイト内や記事内のそれぞれのページでは同一のメタ(キーワード、h1、タイトル、ディスクリプション)は使わないようにしましょう。全てのページでこのディスクリプションが同じ内容だと、Googleも同一ページが複数あると認識し、重複コンテンツになる可能性があります。

「1ページ1キーワード」を守ってコンテンツを作る事を原則と覚えておきましょう。

キーワードは順番を守る

先ほどはちょっと伝え忘れましたが、検索順位の引っ掛けたいSEOのキーワードは、重要度の高い物から使うようにしましょう。例えば、『コーヒー、美味しい、入れ方』というキーワードだったら、『”コーヒー”を”美味しく飲む10の”入れ方”』という具合です。

理由は先ほども言いましたが、先頭にあるキーワードほど重要度が高いと認識されるからです。

120文字以内に納める

検索をするユーザーにとって有益な情報とは、タイトルでは伝えきれないページの内容が簡潔に書かれている事がキーポイントです。ディスクリプションは本文の補足であるとともに、ここでも検索順位を高める効果を発揮します。先ほどキーワードをいれたので、ここでもSEO対策に繋がる事が期待できます。

そして検索して来たユーザーに、さらに分かりやすく中身の要点がまとめてあげると、ユーザーはそのサイトに自分が求めている情報があるかどうか判断できるという訳です。ここには表示できる文字数に制限があり、その限界が120文字です。ぴったりに納めるか、120文字以内で完結に書く事を目指しましょう。

 

URLの最適化(パーマリンクの設定)

URLを最適化する事で、検索エンジンがそのページをクロールしやすくなります。さらに、検索ユーザーにも安心感を持ってもらうことができ、結果、検索順位の向上が見込めます。以下は設定する際に気をつける事です。

日本語URLは推奨できない

例えばポンコツ.jpというドメインがあったとします。日本語ドメインは直接どこかにコピペすると、『http://xn--tck8a5d2d.jp/』こんな感じで意味の分からない羅列になります。不可解な文字列が多く含まれていると、自然なリンクが貼られる際に、そのURLの一部が不要と誤解してしまう可能性があり、結果、リンクを適切に貼ってもらえなくなる可能性があります。

何か狙った事をしない限り、日本語URLを使うのは止めましょう。

シンプルで分かりやすいものを使う

例えば、「example.com/124u38y-3r4r01-?243tfbfva1_adesesret5475」この様に複雑なURLですと、GoogleのクローラーがそのURLを読み込むために、必要以上に無駄な時間がかかってしまい、結果、クロールされにくくなってしまいます。

それを、「example.com/seo-writing」 の、ような分かりやすいURLにすると、ユーザーも検索エンジンも、「このページは、SEOのライティングについて書かれている」と推測しやすくなります。

短い方がGoogleも読み込み安い

URLが過度に複雑だと、GoogleのクローラーがそのURLを読み込むために不要な時間がかかってしまいます。その結果、クロールされにくくなってしまうので、極力URLは短いものを設定しましょう。

(_)ではなく(ー)を使う

アンダーバーではなく、ハイフンをつかいましょう。何でかはよく分かりませんが(笑)Googleが推奨する『シンプルな URL 構造を維持する』には、ユーザーの関心を引くことはほとんどありませんとありました。
参照:https://support.google.com/webmasters/answer/76329?hl=ja

page1.htmlのような味気ないものでも、ユーザーやクローラーも判別しづらいので、めんどくさがらず一つ一つ設定しましょう。

 

SEOライティングのコツ|コンテンツ内の最適化を行う

コンテンツ内の最適化とは、Googleのロボットに対しても、検索ユーザーに対しても、読み取りやすいページ構成にしましょうという事です。そうする事でコンテンツの質が適切に評価され、本来あるべき検索順位に表示されるようになります。

代名詞は使わない

「これ」「あれ」「それ」と言った文字列は使うなって事です。今回であれば、「これ」を使えば、が、「SEOライティング」を使えばとなります。ちゃんとした正規表現で書く事でSEO対策の一環になりますし、クローラーも情報を拾いやすくなります。

専門用語も適度に使う

SEOライティングに限らず、文章を書く時は、「小学生にも分かるように書く」という基本があります。しかし、SEO対策で設定しているキーワードを抜いてしまっては元も子もありません。説明文には気をつけないといけませんが、省略できない専門用語などのキーワードは省略せずに使いましょう。

リンク先は内容が分かるものに

「ここをクリック」や「こちらへ」などのテキストにリンクを張るのは避けましょう。リンク先のページにどのような情報があるのか、そんな事が書いてあるのかが分かるものを設定することで、ユーザーにとっても親切です。

リンクの色はむやみに違う色に変えない

リンクの色は全世界共通してこの色です。無意味に色を変えてしまうと、それに慣れているユーザーは混乱する可能性があります。もし、一目見てリンクであることが分からない場合は、隠しテキストや隠しリンクに該当し、ペナルティの対象になる可能性があるそうです。

既存記事への内部リンクはしっかりと設定しよう

リンクと言うと、自分のサイトから他のサイトへの外部リンクを思い浮かべる人が多いと思います。しかし、実は内部リンクも外部リンクと重要度はさほど変わらないのです。内部リンクは、アクセスの多いページから少ないページへリンクするのが基本です。

こうすることで、アクセス数の少ないページにも検索エンジンの目が行き届きやすくなりますが、関連性の高いページを選ぶことや、ユーザーが分かりやすいかどうかも考慮する必要はあります。

画像投稿時の注意

ブログに画像を投稿する時って、何となくぶっ込んで、「見た目がキレイなら良いや!」って思っていませんか?画像の設定も検索に引っかかりやすく最適化すると、検索エンジンから見てもスッキリした構造になるのでSEO効果を上げることができます。

さらに!画像のファイル名や alt テキストを分かりやすいものにすると、Googleの画像検索で表示されやすくなるので絶対にやっておきましょう。

altテキストは必ず入れる

alt テキストを設定すると、何らかの原因で画像が表示されない時に、代わりに入力した内容が表示されます。つまり、画像に設定したテキストがSEOの役割を果たす訳です。しかし、画像検索での上位表示を狙ってキーワードを詰め込んだり、文章量が多くなりすぎると逆効果になるので注意しましょう。

画像のファイル名は短くする

URLのパーマリンクと同じように、画像の名前(ファイル名)が長過ぎると、クローラーが読み込むまでに時間がかかってしまうので良くない。でも、短いファイル名とは言っても、『 image1.jpg 』といったファイル名は使わないようにしましょう。

 

画像には分かりやすいタイトルを付ける

画像にもタイトルをつけることが出来ます。画像にタイトルを付ける事で、検索された時にGoogle 画像検索の検索結果に表示されるようになります。つまり、ページタイトルと同じように、画像にもキーワードを入れておくことで、画像検索で上位に表示されやすくなるという事です。

その国の固有のテキストを使う

これは諸説ありますが、日本でなら日本語のタイトルを付けるようにして、海外なら「英語」などの言語でタイトルを振るようにしましょう。SEOなら万国共通かもしれませんが、「犬」とか「猫」なら、日本ではそのまま「犬」「猫」「イヌ」「ネコ」。海外なら「dog」「cat」にしましょう。

 

まとめ

長くなりましたが、検索順位を引き上げて、多くの人の目に触れさせる。SEO対策を意識したライティングするなら必ずやっておきましょう。ここでご説明した通りにライティングを行えば、今までよりも遥かに高い確率で検索上位に表示されやすくなります。

手間もかかるし、非常に面倒くさいですが、この手間を惜しまずに確実に設定するようにしましょう。また、検索順位を意識したSEO対策のライティング以上に追求しなければならないのは、言うまでもなくコンテンツの質です。

コンテンツ自体の品質が低い場合、いくら頑張ってSEOライティングを行っても残念ながら効果はほとんど出ません。まず第一にコンテンツ、書いてある内容の質。そしてそのコンテンツが検索エンジンから見ても、ユーザーから見ても読みやすくなるようにSEO対策を意識したライティングを行いましょう。

そうすれば、ただ闇雲に書き続けて検索順位の上がらず、モチベーションが上がらないと言った事も避けられます。頑張って下さい!

 その他のライティングに関する記事

コピーライティングとは|コピー基礎と効果を高める14のテクニック

2016.02.01

ダイレクトマーケティングとは|成功事例と3ステップで成果を出す為の全知識

2015.12.22

キャッチコピーの書き方21選|10分でコピーが上達する基本知識

2015.04.22

SEOライティング実践の教科書

 SEO対策の為にコンテンツを書くのであれば、その目的を忘れないようにしましょう。検索結果の上位を独占した結果、ユーザーや読者には行動(アクション)を起こして貰う事が真のコンテンツSEO、Webライティングの本当の目的です。下記で紹介する本には、その為に大切な事を解説しています。

本の名称内容
SEOに強いWebライティング売れる書き方の成功法則64伝わる文章、買わせる文章、上位表示のためのキーワード選定、コンテンツ戦略、SEOに強いオリジナルコンテンツの作り方など、すぐに真似して使える文章テクニックが満載。
SEO対策のための Webライティング実践講座 本書は、専門知識のない方でも常に成果を上げ続けられるように、「Webに最適」な「感覚に頼らない」方法を追求し、「提供する情報を持たない人」でもそれを「できる」ようにする「やり方」を提供する、非常に実践的な書籍です。
成果を出し続けるための 王道SEO対策 実践講座 最新の情報をふまえつつも「新しさ」や「話題性」にとらわれず、実際に効果が検証された方法を厳選。サイトの作成手順に沿った構成と改善に便利な逆引き機能が、理解を深め実現力を高めます。
Webライティング実践講座
ニュースリリースから商品説明まで
誰でも上手な文章が書ける 「型」 を提案。読むだけでライティングテクニックのコツが掴める。Web上ではさまざまなライティングのテクニックを解説。
コンテンツ・マーケティング64の法則ライティングは特別な人だけに必要な技術だと思っているとしたら、大間違いである。もしあなたがメール、ツイッター、フェイスブックに参加しているなら、すべてのコンテンツには書くことが求められている。
ウェブセールスセールスライティング習得ハンドブックWEBライティングを身に付けたいけど、なにからはじめたらいいかわからない。自分のビジネスでインターネットからの売上を上げたい。そんな人がインターネットで売るためのスキルを身につけるための本です。
seo

SEOライティングのプロが記事制作を代行!

記事制作代行サービスは数多くありますが、『Shinobiライティング』 のSEO対策記事はコピペチェックなどもしかりしており、評価が高いサービスです。記事の発注方法や、メディア作成についてなど、 経験豊富なスタッフが親身にアドバイスしてくれるのも魅力。