治験アルバイトの高額報酬案件を探す方法と治験をやる危険性の知識

application

治験アルバイトとは、新しい新薬を開発した際、培養細胞や動物でさまざまなテストを繰り返し、有効性の確認と安全性の評価を行った結果、最後の段階でヒトに試す時の有償ボランティアの事を言います。

治験モニターなんて言い方もしますが、施設に宿泊しながら生活し、新薬を定期的に摂取するのが主な仕事内容ですので、恐らくあなたのイメージと大きくは離れていないかと思います。

ただ、治験アルバイトには健常者を対象に行うものと、実際に対象の病気にかかっている患者(糖尿病、ガン等々)に対して行うものがあり、危険じゃないのか?本当に安全なのか?何かリスクがあるんじゃないのかという不安もあるかと思いますので、今回は治験アルバイトについて解説していこうと思います。

 

高額案件の多いおすすめの治験アルバイトサイト
おすすめ治験登録サイト特徴
総合新薬治験新薬ネット50万円を超える治験案件を多数揃えている日本最大級の治験情報サイト。掲載されている治験報酬の平均はダントツで高い。
NEW-ING(ニューイング)新薬ネットと同様に総合的な治験案件に参加出来る治験情報サイト。NPO法人として活動している為、登録の際の安心感は高い。
血圧・血糖値治験ボランティア血圧や血糖値が高い方を対象にした治験が多い情報サイト。主に東京での治験が多く、通院治験が目立ちますが、期間が長めのため報酬も高額になる可能性が高いです。
インクロムボランティアセンター
気管支炎・喘息インクロムボランティアセンター気管支炎・喘息に特化した治験に参加出来る。世の中にまだ出回っていない薬を利用出来るのは、対象者にとってはおすすめ。▶︎インクロムボランティアセンターとは?
JCVN喘息治験特化の登録サイト。
AGA・薄毛インクロムボランティアセンター同じ会社が行っている、AGA・男性型脱毛症特化の治験情報を紹介してくれる。診察は皮膚科の専門医が担当します。▶︎インクロムボランティアセンターとは?
アトピー・
ニキビ
JCVN(アトピー・ニキビ)市販の治療薬を試してみても効果が無かった方向けのアトピーやニキビを対象とした治験を紹介している。

 

よくある誤解|治験アルバイトはボランティアの一種

恐らくこの記事にたどり着いた方の多くは「治験アルバイト」で検索されたかと思いますが、治験って、実はアルバイトではなくてボランティアなんです。知ってました?笑

参加者は被験者(協力者)という扱い

ボランティアの基本は「無償奉仕」ですから、ボランティアでお金が貰えるのはおかしいという話になりますが、「治験」は新薬開発ボランティアという括りになり、新楽の治験に参加してくれたボランティアは被験者になります。

受け取るのはバイト代ではなく協力費

治験アルバイトで集まってくれた方達は新薬開発の協力者ですので、アルバイトという表現で報酬等をお支払いするのではなく、「協力費」として支払われます。そもそも治験は様々な制限のもと、仕事を休む必要もあり、生身の身体で実験を行う訳です、お察しの通りかなり高額な報酬が支払われることになります。

 

治験アルバイトの報酬と謝礼金の相場|治験は稼げるのか?

気になるのが治験アルバイトの報酬ですが、インターネット上の情報をざっと目を通して見ると、相場は10万円から20万円の間と言ったところと言えます。また、負担軽減費(協力費)は通院か入院という条件や、治験内容、施設などにより異なりますが、だいたいの相場は次の通りです。

  • 通院1回につき:7,000円〜10,000円程度
  • 入院1泊につき:10,000円〜20,000円程度

ただ、高額なものになると70万円を超える案件もありますので、詳しく解説して行きます。

通院1日から4日拘束の場合|8万円から10万円が相場

通院をして治験をする場合や、1日や2日程度の入院が伴う治験の場合は、拘束時間が比較的短いこともあり、治験の報酬は8万円から10万円が相場と言って良いでしょう。交通費も支給されるケースが多く、なんと実際の額よりも多めに貰えるそうです。

日割り計算をすると、1日あたり1万円〜2万円といったところです。24時間拘束されて2万円が高額と思うかどうかは、正直あなた次第、ひとそれぞれといったところですね。

2泊2回から4泊2回拘束の場合|15万円から20万円が相場

この辺から一気に報酬金が高額になります。条件も細かく指定される項目が格段に上がりますが、1週間以上の拘束なら間違いなく10万円は超えてくると思ってほぼ間違いないでしょう。例えば、治験のアルバイト情報に載っていた物にはこんな募集があります。

15万円から20万円の治験アルバイトの例

  • 対象者:女性(40歳~69歳)
  • 場所:東京都内の医療施設
  • 条件:閉経後女性限定
  • 期間:4泊2回
募集対象
  • 40~69歳の日本人
  • 閉経後女性のみ
  • BMI17.5~27.4(体重40kg以上70kg以下)
実施場所東京都内の医療施設
治験謝礼金170,000円

約1ヶ月(20日から30日)の場合|40万円から70万円が相場

ほぼまるまる1ヶ月の拘束ともなると更に見舞金が増額し、30万円を下回るような治験情報はありませんでした。傾向としては、65歳以上の高齢者に近づくほど高額になっていくのがみてとれ、老い先短いならせめてお金は多く支払おうということなのかもしれません。

ただ、20代や30代、40代でも高額な治験アルバイトは多くありますので、探してみたところ全く無い、という事はありませんでした。

40万円から70万円の治験アルバイトの例

  • 対象者:男性(20歳~44歳)
  • 場所:東京都内の医療施設
  • 条件:非喫煙者限定
  • 期間:21泊22日+通院2回
募集対象
  • 20~44歳の日本人男性のみ
  • BMI18.5~24.9(50㎏以上)
実施場所東京都内の医療施設
治験謝礼金400,000円

なぜ治験アルバイトの報酬は高額なのか?

アルバイト代のイメージを遥かに超えた治験の負担軽減費の相場に驚いた方も多いと思いますが、疑問に思うのが何故こんなにも高額なのかということでしょう。20日を超える様な長期間の治験は大学生でも1月で何十万もの稼ぎになってしまいます。

さらに、治験の内容も薬を飲んで過ごすといったものが多く、はっきりいって普通に働くよりも圧倒的に楽です。その大きな理由は、被験者に様々な制約を強いることになるからです。

例えばアルコールやたばこ、薬やサプリメントの摂取を禁じていたり、ゲーム。スマホ、運動などもNGになる可能性もあります。何もない空間にひとりで長時間いることはなかなかに苦痛でキツいものになりますから、それだけ貴重な時間を奪い、治験の期間中ずっと拘束していることに対するお金だからこそ、高額になっているという事です。

つまり、「報酬額の高さ=苦痛の高さ」と言っても良いかも知れません。

ただ、だらだら過ごすことに精神的に向いていない人には辛いかもしれませんが、全然耐えられるという人にはかなり良いアルバイトだと思います。

 

治験アルバイトの参加の条件は結構厳しい

  • 4か月以内に献血をしているなら参加不可
  • 数か月以内に海外旅行に行っているなら参加不可
  • 検査1ヵ月以内に通院や体調不良になっていないこと
  • 常備薬を摂取している場合は参加できない場合もある
  • 女性は入院で参加できる治験が圧倒的に少ない など

意外とシビアな参加条件になっています。基本的には体調が完璧な人でないと参加できないのが治験ですが、興味のある方は、健康診断がてらにとりあえず参加してみるのが良いのかも知れません。

 

治験アルバイトに危険性やリスクは無いのか?

高額な報酬が出るならぜひともやりたいと思う治験アルバイトですが、最も心配なのは治験に対する安全性の確保でしょう。もし治験を行うことで副作用などが出てしまったらどうしようと思うかもしれませんが、実際どうなのでしょうか?

新薬は人間に使う前に綿密な試験が行われている

治験アルバイトは新薬の人体検査が主な目的ですので、人間への治験を行うまでには綿密な試験を行い、生体への安全性を確認してから治験に移行しているので、あまり深く心配する必要は無いでしょう。

とは言っても、初めてヒトで試す薬ですので、確実に何も副作用が出ないというワケではありません。そもそもヒトで試しても副作用が出ないかどうかを試すのが治験ですので、もしかしたら、何らかの影響がでる可能性もゼロでは無い事は承知しておいた方が良いと思います。

治験に対する安全性の確保は?

治験までに厳しい試験を行い、実際に人で治験するまでに安全性や副作用についても厳しい調査はされてはいますが、予期せぬ副作用や身体への影響が出た場合でも、治験に参加される方の安全性と人権を守るために「厚生労働省が定めた医薬品の臨床試験実施の基準」に基いて行われています。

治験者には副作用などについて詳しい説明することが義務づけられています。その内容を十分に理解した上での参加となります。

万が一治験中に身体へ不具合が出た場合

治験に参加した事で何らか不具合が身体にあった場合、直ぐに治験を行なっている医療機関へ申しることで、治験担当の医師や看護師の方が適切な処置を行なってくれますし、万が一の健康被害・損失などがあった場合、補償も用意されています。

まれに途中で辞めてしまうと報酬が支払われないと思って我慢する方がいますが、それは絶対に辞めましょう。命に関わることになる事はありませんが、健康を著しく害してまで、治験を続ける事はありませ。次回また参加しましょう。

 

治験アルバイトに参加してから終了までの流れ

まずは治験アルバイトを実施しているサイトに登録する必要があります。そのサイトに登録したら、案件に応募して後の治験に関する説明を受ける形になり、大まかな流れとしては下記の通りです。

  1. ネット経由の仮会員登録
  2. 説明会と登録会に参加
  3. ネットや電話などで治験の参加に応募
  4. 健康診断に参加
  5. 治験の合否発表
  6. 合格の場合に限り治験に参加可能

まずは詳しく解説していきましょう。

1:治験アルバイトの会員登録をする

治験アルバイトに参加するには、治験情報を公開しているサイトに会員として登録する必要がありますので、まずは会員登録を行います。

高額案件の多いおすすめの治験アルバイトサイト

おすすめ治験登録サイト特徴
総合新薬治験新薬ネット50万円を超える治験案件を多数揃えている日本最大級の治験情報サイト。掲載されている治験報酬の平均はダントツで高い。
NEW-ING(ニューイング)新薬ネットと同様に総合的な治験案件に参加出来る治験情報サイト。NPO法人として活動している為、登録の際の安心感は高い。
血圧・血糖値治験ボランティア血圧や血糖値が高い方を対象にした治験が多い情報サイト。主に東京での治験が多く、通院治験が目立ちますが、期間が長めのため報酬も高額になる可能性が高いです。
インクロムボランティアセンター
気管支炎・喘息インクロムボランティアセンター気管支炎・喘息に特化した治験に参加出来る。世の中にまだ出回っていない薬を利用出来るのは、対象者にとってはおすすめ。▶︎インクロムボランティアセンターとは?
JCVN喘息治験特化の登録サイト。
AGA・薄毛インクロムボランティアセンター同じ会社が行っている、AGA・男性型脱毛症特化の治験情報を紹介してくれる。診察は皮膚科の専門医が担当します。▶︎インクロムボランティアセンターとは?
アトピー・
ニキビ
JCVN(アトピー・ニキビ)市販の治療薬を試してみても効果が無かった方向けのアトピーやニキビを対象とした治験を紹介している。

本来は入会金や年会費などは絶対にかかりませんが、そういったものを要求してくるサイトもありますので注意してください。

2:治験の説明会に行く

治験サイトに応募が完了すると次は説明会に参加する事になります。このとき遅刻をすると、遅刻するような人間は集団生活ができないとみなされ、治験に参加できない場合があります。また、安全性や治験の流れ、どうやって行われるかなど、参加者の疑問を解決するための説明会兼登録会になります。

3:治験内容に応募

治験のサイトに登録すれば会員用ページに入れるようになるので、参加したい治験に応募します。後日電話がかかってきて、詳細と健康診断を受ける日程を伝えられます。

4:健康診断に行く

健康診断までの過ごし方を伝えられるので、合格したい場合は注意点を必ず守った方が良いです。甘く見ていると普通に落ちます。尿検査、採血、心電図、医師による診断がメインですが、複数人で実施されるので2時間~3時間ほどが目安になります。

5:合格すれば実際に治験が始まる

参加当日、合格者と治験参加予備軍と思われる方々が集合し、参加する治験について詳しい説明があります。海外での臨床実験の結果の副作用の有無、今回参加する上でのリスク等々、それを納得できた方のみが参加することができますが、基本的に何度も臨床実験がされた後、最終確認が日本で行われるので、滅多に副作用で体調不良等が起こることはないでしょう。

6:治験中の生活

  • 薬の投与
  • 毎日採血!
  • 決まった時間の食事
  • 同じ事を繰り返す生活
  • 決められた時間以外は自由時間
  • 過度な運動はNG

基本的にはこの繰り返しです。起床、食事、検査、消灯の決められた時間以外は自由行動ですが、自由行動といっても建物内から出ることは出来ず、ゲーム等の持ち込みも禁止されている場合が多いでしょう。ただ、漫画やDVD、ゲーム機なども用意されているケースもあり、そういった場合は自由に使っても良いとされています。なんだかんだで充実した生活かもしれません。

7:治験終了|報酬は手渡し

最終日に報酬を手渡しでもらえます。ただし、あまりにも高額な報酬の場合は振込になる場合もあるようです。ちなみに、一度治験に参加すると数か月は参加できず、入院中の態度が悪い場合は、途中退館させられることもありますから、行儀はよくしておく事をおすすめします。

 

まとめ|治験アルバイトのメリットとデメリット

治験の基本的な情報は以上になりますが、最後に治験のメリットとデメリットをもう一度おさらいしておきましょう。

治験アルバイトのメリット

  • ・10万円から50万円の高額な報酬が手に入る
  • ・治療・新薬が世に出るより先にその効果を実感できる
  • ・同じ病に悩まれているヒトの力になれる

治験アルバイトのデメリット

  • ・予想外の副作用が出る場合もある
  • ・現在飲んでいる薬があればその薬をやめなければならない
  • ・生活スタイルを一時著しく変える必要がある
  • ・行動の規制や長期に渡る通院・入院が必要となる場合がある

高額案件の多いおすすめの治験アルバイトサイト

おすすめ治験登録サイト特徴
総合新薬治験新薬ネット50万円を超える治験案件を多数揃えている日本最大級の治験情報サイト。掲載されている治験報酬の平均はダントツで高い。
NEW-ING(ニューイング)新薬ネットと同様に総合的な治験案件に参加出来る治験情報サイト。NPO法人として活動している為、登録の際の安心感は高い。
血圧・血糖値治験ボランティア血圧や血糖値が高い方を対象にした治験が多い情報サイト。主に東京での治験が多く、通院治験が目立ちますが、期間が長めのため報酬も高額になる可能性が高いです。
インクロムボランティアセンター
気管支炎・喘息インクロムボランティアセンター気管支炎・喘息に特化した治験に参加出来る。世の中にまだ出回っていない薬を利用出来るのは、対象者にとってはおすすめ。▶︎インクロムボランティアセンターとは?
JCVN喘息治験特化の登録サイト。
AGA・薄毛インクロムボランティアセンター同じ会社が行っている、AGA・男性型脱毛症特化の治験情報を紹介してくれる。診察は皮膚科の専門医が担当します。▶︎インクロムボランティアセンターとは?
アトピー・
ニキビ
JCVN(アトピー・ニキビ)市販の治療薬を試してみても効果が無かった方向けのアトピーやニキビを対象とした治験を紹介している。

 

application