Zippoのランク|ZIPPOの底に刻まれた刻印とランクの関係まとめ

もしあなたが煙草を吸っていて、ZIPPOを使っているなら、ZIPPOのAランクがどうのこうのという話を聞いた事はありませんか?ZIPPOの底にはA〜Lまでのアルファベットが書かれているのですが、これをZIPPOの価値を表すランクだと思っている方が多くいます。(事実、筆者も最近までそう思っていましたw)

ライターの専門店でも、店員が「お客さんAランクのZIPPOですよ!レア物ですよ。」みたいな事を言っている為、勘違いしても恥ずかしくは無いはず!じゃあ、実際は何を表しているのかご紹介して行きます。

 

ZIPPOのランクだと思っていた刻印は製造月

そうなんです。ランクだと思われていたアルファベットはただの製造月なんです。ZIPPOは何度壊れても修理してくれる「永久保証」を提供するために、1950年以降に製造したZIPPOライターの底部には、点や斜線を刻むようにしています。

図1:1950年以降の物

図2:1950年より前の物

この刻印を確認すれば、そのZIPPOライターが、いつ製造されたものかが分かるようになっています。また、1986年以降の刻印方法として、ZIPPO刻印の左側のアルファベットが製造月を示し(図1)、2000年からは右側のローマ数字が製造年を示すようになり、更に分かりやすくなりました。

製造月はAが1月、Bが2月、Cが3月、Dが4月という風に続き、Lの12月まであります。

A=1月B=2月C=3月D=4月E=5月F=6月
G=7月H=8月I=9月J=10月K=11月L=12月

 

ZIPPOライター製造年月日の識別早見表

YEARREGULARSLIM
 LEFTRIGHTLEFTRIGHT
1958・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・   
1959・・・・・・・・・・・・・
1960・・・・・・・・・・・
1961・・・・・・・・・
1962・・・・・・
1963・・
1964 
1965   
1966l l l ll l l l 
1967l l l ll l l 
1968l l ll l l 
1969l l ll l 
1970l ll l 
1971l ll 
1972ll 
1973l  
1974//////// 
1975/////// 
1976////// 
1977///// 
1978//// 
1979////
1980
1981 
1982\\\\\\\\
1983\\\\\\\
1984\\\\\\
1985\\\\\
. I
1986\\\\
 G to LII
1987A to LIII
1988A to LIV
1989A to LV
1990A to LVI
1991A to LVII
1992A to LVIII
1993A to LIX
1994A to LX
1995A to LXI
1996A to LXII
1997A to LXIII
1998A to LXIV
1999A to LXV
2000A to LXVI、2000
2001A to L01
2002A to L02
2003A to L03
2004A to L04
2005A to L05
2006A to L06
2007A to L07

※スターリングシルバー(89年以前)、金張り(87年以前)、レザーモデル等製造年代の刻印が無いモデルも存在します。

ZIPPOのランク説が広まったワケと思われるもの

店員は多分ZIPPOにランクなんて無い事は知っているとは思いますが、商売上の売り文句にしていたものが自然と広まって行ったのかもしれませんね。「よかったですね!AランクのZIPPOですよ〜笑」みたいな。

 

ZIPPOの質に関わるランクは本当に無いのか?

製造番号だと分かって少しがっかりしたと思いますが、世の中には100,000円以上もするZIPPOは存在していますよね?

こんなに高いのには何か理由があると思って調べましたが、以下のようなことが判明しました。

zippoのランクは質や材質で変わる

ZIPPOの材質は年代によって違いがありますので、その辺りで価値は変わるかもしれません。

今、現行に販売してるZIPPOで素材が一番高いのが金無垢ZIPPO。次が純銀ZIPPO。それ以外は全て真鍮素材でZIPPOは出来ています。今日の金相場で言えば24金無垢ZIPPOなんかは1g4817円で考えれば約25万円の価値があります。(付加価値除く)珍しいところではチタン素材で作っているZIPPOもありますから、金無垢の次に価値があるかと。

出典:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1069559750

最も価値の高い金無垢のZIPPOライター

zippo-gold

図:http://www.zippo-flamingo.com/item/24.html

ケース全てが18金で作られた、ソリッドゴールドZIPPOです。インナーもケースに合わせて金メッキを施してあります。底部には「18K」の刻印。金は錆びない金属。比重は通常の真鍮とは比べ物にならないくらい重く、ズシリとした質感。古今東西その価値は変わりません。まさに永遠の輝きともいえる極上の逸品です。

こちらのサイトで紹介されていたZIPPOライター、お値段衝撃の1,048,680円(税込)だそうです。疑う余地の無い最高ランクのZIPPOでしょう。

純銀のZIPPOライター

zippo-silvar

このジッポーのボディーは、純銀鏡面仕上げのアーマーケースで、スターリングシルバーの定番#26です。アーマーは通常のボディーの1.5倍の厚みで、70g重くなっていますが、純銀製の場合はさらに重量感があり人気があります。絵柄は職人さんによる手彫りです。

 

ZIPPOライターの4つの魅力

ZIPPOに正確なランクもわかったところで、ZIPPOライターを使うべき理由を紹介します。

ZIPPOの魅力1|単純にカッコいい

ZIPPOライターを持っているなんて、究極的にはただのカッコつけです(笑)煙草に火を付けるだけなら100均のライターで十分なんです。でも、男なら一度は使ってみたいものなんですよねw

http://item.rakuten.co.jp/rcmdfa/md-2921/

https://www.pinterest.com/pin/120471358757144172/

http://item.rakuten.co.jp/jackal/zcrz-bl/

http://item.rakuten.co.jp/ZIPPO/16pmj-devil/

http://www.recor.jp/product/etc/etc21.html

 

ZIPPOの魅力2|音がスゴく良い

ZIPPOのフタを親指で空けた時、「チンッ!」という子気味の良い音がなるんですが、これがZIPPOの最大の魅力だと個人的には思います。100円のライターでは絶対に出せない音ですし、これだけでなんかカッコいい事をしている気分になれます。

音参考

 

ZIPPOの魅力3|匂いが良い

ZIPPOは専用のオイルを使っているため、100均のライターよりも良い匂いがします。例えるとするなら、ガソリンスタンドの匂いに似ていますね。心無しか、ZIPPOで火をつけた煙草は最初の一回は味が違うようにかんじますしね

ZIPPOの魅力4|コレクションする楽しみがある

ZIPPOには色んな種類やデザインがあるので、コレクションする楽しみがあるのもいいですね。まあ、そんなに集めてどうすんだという意見もあるかと思いますが、そこは女性の靴と同じだと思って下さい(笑)大量にあっても仕方が無い。履いてないなら捨てれば良いのになんて思った事はあるでしょうけど、そういうのじゃないんですよね(笑)

 

ZIPPOは良い!でも煙草の本数は控えよう

ZIPPOのランクの話から大分それてしまいましたが、ガンなどの病気には気を付けましょう。そしてマナーは守って吸って下さいね。