動画編集ソフトの発展が動画制作をより身近にしてきた

数年前まで、動画編集は専門業者でなければできないような、高い技術力を求められる一部の方にしかできない作業でしたが、今では安価で高性能な動画編集ソフトが登場したことで、より身近な存在になったと言えます。

例えば「iMovie」や「ファイナルカット」などの動画編集ソフトの登場は非常に大きなインパクトを残してきました。その後、スクエアエニックスのクリエイターしか使っていなかったような「Vegas」「AviUtl」が、一般ユーザーにも手が届く価格で販売されてから、一気に市場は活性化したといって良いかもしれません。

動画の利用範囲も拡大されて、趣味や副業感覚で行っていたものが「結婚式」「企業のプロモーション」「余興」などで利用されてきて、動画編集専用のパソコンなども増え、いまでは個人でプロジェクションマッピングなども制作できる時代です。

本サイトでは、プロも使うおすすめの動画編集ソフトなどをご紹介して行くとともに、動画編集に関する情報などを交えてご紹介しておりますので、今後動画編集を始めようという方にとって、役に立つような内容を掲載して行こうと思います。